本文へ移動
㈱四国テント看板
〒781-2120
高知県吾川郡いの町枝川314
TEL. 088-893-3668
 FAX. 088-893-3686



●ご相談やご質問、ご不明な点なお問い合わせ下さい。
分かる範囲でお答えさせていただきます。
●お電話、メールどちらでもかまいません。

屋外用防水カバー製作

丈夫な屋外用防水カバー製作

商品を防水カバーで守ります

『丈夫な屋外用防水シート + カーブ溶着加工』


防水生地は多種多様にありますが、1点より製作しています。
その中でも、当社が主に取り扱っている素材は、屋外用の完全防水生地になります。
形状も多種多様で縫えるものや溶着できる物は何でも作ります。
防水カバーに会社名や商品名の文字を、シルク印刷できます。
全国に配送しています。
 
シートカバーも多種多様
丈夫な屋外用防スピーカーカバー
丈夫な屋外用防水ビニール
発電機用防水カバー
道路工事現場で使っているのでしょうか。発電機カバーになります。「サイドで生地を重ねるとかぶせ易いですよ。」とご提案させて頂きました。被せるだけの作業ですが、大きなもは裾が広がる程被せ易くなります。ちょっとした事ですが・・・。
 
防水カバー
多く使用される生地サンプルです。
-生地サンプルターポリン-
-ポリエステル帆布-

ビニール製大きなトレイ -オーダーメイドラゲッジシート-

オーダーメイド ラゲッジトレイ


当社は、車内の形状に合わせた防水シートを作っています。特にラゲッジ部分です。普段は、お客さんと一緒にトランクのここまでシートを立ち上げましょうか?ヘッドレスが汚れませんよ。とか、ハトメはここがいいですね。ここに紐で引っ張れます。などお客さんと一緒に現物を確認しながら採寸します。大体、普通の加工で水はもれませんが、置く場所や形によってフチが倒れるんです。テントは、板でなく柔らかいからです。それを解決したのが、大きなトレイです。


釣り後の車内も綺麗に維持します


「床材の丈夫な生地使用」+「フチがおきる加工」

水を漏らさないよう作られた大きなトレイです。

フチが絶妙に倒れますので、荷物を引きずり出しても大丈夫です。
使わない時、丸めて収納できます。設置の際は、ふちを起こすだけです。
サイズは、自由です。
形もちょっとラゲッジに合わす事ができます。
カーブの半径は、最小R60です。
フチを起こすと多少荷物が崩れても倒れません。
接合部の溶着
フチは自由に整える事ができます。
大きなサイズは、シートの溶着ジョインが入ります。こちらは中央に入りました。ジョイントの位置は、お任せいただいております。
【ビニール製 大きなトレイ製作販売】
《床材使用》丸めて持ち運べるビニールトレイ
釣人の方より「車内に水を漏らしたくない」とご要望があり思考錯誤を重ね製作しました。継ぎ目は溶着加工しております。設置の際は、水が漏れないようフチを起こします。テント生地の為、丸める事もできます。
-いろんな使い方があります。-
「猟師の方は軽トラにイノシシをのせる養生として使用するらしいです。」
「ハイエースの後ろに敷く。」
「氷屋さんは、乗用車で氷を運ぶ際に使用。」
 
 
強さを試してみました
テントがあったので、潰してみました。荷重は120㎏程度です。
潰れましたが、穴はあいていません。
摩擦に強いか、フォークのタイヤでねじてみました。コンクリートもゴツゴツしており、さすがに3回ねじると破けそうでした。
生地の厚み1.5mmあると重たくなりますが、ターポリンより摩擦に対しては丈夫です。
つば付きジョイントもカーブ溶着で水が漏れません。
カーブを溶着する機械になります。
①水を貯めたい。
②水が濡れないようにしたい。
③空気をもらしたくない。
下記の写真は、ターポリンです。スピーカーの機材とコードを繋げるジョイント部分に使用されました。

テント加工 「素材・キャンパス資材」

テントヘリ色:ベージュ・キナリ・青・こげ茶・黄色・緑・紺・オレンジ・赤・黄緑・黒
 
テントヘリ形:テントのアウトラインに添って縫製しています。形に規格はありませんが、きれいに縫えない角度もあります。
溶着用のバー:用途に応じ使い分けしています。金型は、指定で作る事も出来ますが、量産向きです。
ハトメ:黒ハトメ、黒ロープを使いかがりロープの部分(仕舞い)を目立たなくする事もできます。その他ステンやニッケルハトメなどあります。
かがりロープ:白・黒・赤・黄・緑・茶
ロープ取付け部分が目立たないよう色数あります。
ファスナー:色は、白・黒 他
 
マジックテープ:幅、色数種類あります。用途によって使い分けしています。
お名前 ※必須
お電話番号 ※必須
メールアドレス ※必須
内容をご記入下さい。
ファイル添付(2MB以下)
ファイル添付(2MB以下)
TOPへ戻る