本文へ移動
㈱四国テント看板
〒781-2120
高知県吾川郡いの町枝川314
TEL.088-893-3668
FAX.088-893-3686

 

テントはなぜ丈夫なの?

テント継ぎ目を裂いた画像 裂いて少し見えるタテラインが基布
テント生地の厚み0.4mm、0.5mm・0.6mmの中に布(基布)が入っています。その薄い基布が、各メーカーの技術が詰め込まれた丈夫さの一つです。ターポリンとテント倉庫の基布では、全く違います。例えば腰の布ベルトでも人は吊れると思います。その腰ベルトの両面に樹脂を塗ると丈夫な防水仕様になります。でもそのような生地が丈夫でも、100㎡、200㎡になると重くて作業効率悪いですよね。なので、薄くて丈夫な基布が必要になります。薄くてペラペラなテント生地でもガラス繊維が入っていると「不燃テント」と言われ高価な商品になります。テントは素材だけ見ても強度は、分かりません。なので性能一覧表を確認します。引張り強度・破断伸度・引裂強度・耐水圧・厚み等の測定値を比べ一つの判断基準にします。
TOPへ戻る